So-net無料ブログ作成
検索選択

デグーのちーちゃんありがとう

何年間かぶりかの更新になって御無礼いたしまた
今回は辛い報告せねばなりません
平成27年12月5 日深夜0時頃ちーちゃんが遂に天寿を全うして
虹の橋へ向かいました
七歳九ヶ月の生涯でした
逝く10日程前から、主だって外見上の変化は無かったんですが毛並みや体重に衰えが見られたかもしれないのですが、じっとしてあまりホイールでは動きたがらず、柔らかいもの好み食も細くなってきてましたが、大好きで毎日楽しみに遊んでいた飼育者の肩や背中に載っかる時間が逆にそっとどかしてあげないといけないくらい一時間以上でもベッタン貼りついて 離れようとしませんでした、、
今気が付くと現世での別れを悟って知らせようとしていたのだでしょうか、、
がんばって天寿全うしての老衰で逝きました
最後の夜はゆっくりこちらから身体を背に載せて逝かせようとしましたが数秒で自分の寝床に帰りたがり、
オス君が兄のちーちゃんに付き添って添寝して看取り逝ました
飼育者は朝まで何度も大泣き致しました
ちーちゃんの遺体はペット霊園で唱題読経して合同火葬共同埋葬していただきました
http://www.dgm.ecnet.jp/facilities.html
とっても良い環境でアンデス地方のようでしょうかそして慈悲深い有り難い動物霊園で永眠です
動物霊園.jpg
動物霊園2.jpg
動物霊園3.jpg
デグーのちーちゃん.JPG
思い出は走馬灯のようにうかんできます
平成20年5月に生後二ヶ月で愛知県から遠路飛行機で
こちらにお迎えしてから、最後の最後まで、双子の弟分のオス君を優しく可愛がり面倒をみていて、飼育者をほんと癒してくれた素直で温厚な性格でした
青年時代の二匹君
オス君(前)の顔が面白い.jpg

ちーちゃん&オス君仲良くリラックス.jpg
肩のちーちゃん
肩に乗るのが好きなちーちゃん.jpg
七歳になった頃ちーちゃんが上
飼育本にも掲載いただきました
左オス君右ちーちゃん.JPG
ちーちゃんがいなくなってもオス君は元気にしてくれてます憑依されたみたいにちーちゃんそっくりな行動していますね
オス君4 (1).JPG
今は別れの寂しさを堪えるのが精一杯な飼育者ですが
ちーちゃんがとっても可愛がり大好きだったオス君と一緒に頑張って行きますよ
最後にちーちゃんに心から伝えたいです!
いつもスキンシップの温もりを優しい愛情をそして
オス君を親のように無償の愛情を注いでくれてほんとに
ほんとにありがとう!!
将来必ず虹のはしで逢えるから楽しみにしてますよ
(*´-`)